qrcode.png
http://corehome.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社 コアホーム
〒891-0114
鹿児島県鹿児島市
小松原2丁目33番22号
フリーダイヤル.0120-584-615
TEL.099-260-0635
FAX.099-260-0693
 
   
 
ZEHという言葉を初めて目にした方もいれば
「最近テレビでよく言ってるよね」って方もいらっしゃると思います。
 
ですが正直、「何なのかよくわからない」という方が一番多いですよね。
 
 
ZEH(ゼッチ)とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と省エネ性能を高め
つかうエネルギーよりも太陽光発電などで創るエネルギーが上回るようにすることで
エネルギーの収支が1次エネルギーの消費量換算で正味ゼロの住まいになることです。
 
 
上回るのにゼロ?
と思われる方もいらっしゃると思います。
ですから大変恐縮ではございますがわたくし事務の保島がわかりやすく説明をしていきたいと思います!
 
 
A.住宅の高断熱化により冷暖房などの使用を抑えます
(夏は涼しく、冬はあったかく)
 
B.高性能設備でエネルギーをうまく使います
(省エネ設備のおかげでエネルギーを極力必要としない)
 
C.太陽光発電でエネルギーを創ります
(ソーラーパネルなどでの自家発電)
 
 
AとBによって、つかうエネルギーを抑え、
そのうえCで創られたエネルギーがつかうエネルギーを上回るようにすることで
外からのエネルギーを必要としない
正味(ネット)・ゼロ・エネルギーハウスとなるわけです。
 
外からのエネルギーを必要としない=正味ゼロ
 
自分たちのお家でエネルギーをつくりそれで生活をしていけるなんて素敵ですよね!
私たちコアホームもそんな素敵なお家をつくるお手伝いができるよう日々頑張っております。
 
 

政府目標

政府目標
 
 
 
住宅については2020年までにZEHを標準的な新築住宅にすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す。    ※エネルギー基本計画
 
 
 

今後の普及率目標

今後の普及率目標
 
平成30年度目標 平成31年度目標 平成32年度目標
ZEH 受託率 20% 30% 40%
Nearly ZEH 受託率 10% 20% 20%
 

具体的なZEH普及策

具体的なZEH普及策
 
 
【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策
1.    住宅完成見学会の来場者に、ZEHの違いやメリットを積極的に説明します
2.    ホームページへの打ち出しと見学会チラシにZEHについて記載し周知を図ります
3.    見学会でパネルを利用したZEHのアピールを行っています
 
【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策
1.新商品開発「ZEH住宅」の実施により規格化を進めることで、
   仕入れ発注を1本化しコストダウンを図ります
 2.外皮計算・1次消費エネルギー量計算を自社内で完全実施し、コストダウンを図ります
 
【3】その他の取り組みなど
1.各種研修会への積極的参加を図ります
2.空調設備の省エネ仕様を積極的に取り入れていきます
3.住設仕様の改善を図ります
 
<<有限会社 コアホーム>> 〒891-0114 鹿児島県鹿児島市小松原2丁目33番22号 TEL:099-260-0635 FAX:099-260-0693